タグ:慣用句


「薫陶を受ける」ってどういうこと?「薫陶」の意味と使い方とは?

「任天堂の社長であった岩田聡氏は、生前、山内溥氏から『薫陶』を受けたことをよく述懐していたという」「ID野球で知られる野村克也氏から『薫陶』を受け、技術面のみならず人格面でも大きく成長した選手は数多く存在する」......。 このように様々なシチュエーションで見


ずば抜けて優れている!「白眉」の意味と使い方とは?

「本書は最初から最後まで筆者独自の視点で日本社会を分析しているが、特に日本社会の構造的な問題点を鋭く指摘した第二章が『白眉』である」......。 このように、主に評論関係の文章で見かける機会が多い「白眉」という表現。 いったいどのような意味や使い方がある言葉


困っていたけど超ラッキー!「渡りに船」の意味と使い方とは?

「ファミリー層への訴求方法を模索していたE社。そのような中での大規模商業施設からのテナント出店要請は『渡りに船』であった」「需要の先細りにより、自主廃業も視野に入れていたF社。G社による買収提案は『渡りに船』であった」......。 このようにビジネス系の記事で


数えあげればきりがない!「枚挙に暇がない」の意味と使い方とは?

「ソニーやトヨタ、ホンダなど海外の消費者から根強い支持を得ている日本企業は『枚挙に暇がない』」「YOU TUBE を有効活用することで商品の売上を伸ばした成功事例は『枚挙に暇がない』」......。 このようにビジネス系の記事でもよく用いられる「枚挙に暇がない」という


スネ夫をイメージするとよい!?「鼻にかける」の意味と使い方とは?

「B社の業績をV字回復させたC社長は、いずれのインタビューにおいても社員の努力を評価し、自身の手腕を『鼻にかける』ようなことはなかった」......。 このようにビジネスシーンでもよく用いられる「鼻にかける」という慣用句。 いったいどのような意味や使い方があるの



「鬼籍に入る」とはどういうこと?「鬼籍」の意味と使い方とは?

「父が『鬼籍』に入ってから20年が経った」「当時を知る多くの関係者が『鬼籍』に入っている」......。 このように様々なシチュエーションで用いられる「鬼籍」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? 奇跡じゃなくて鬼籍ですか……? 「


「晴天の霹靂」の誤用に注意!「青天の霹靂」の意味と使い方とは?

「A社からの提携の誘いは、わが社にとって『青天の霹靂』であった」.「今回の大阪支店長への異動は、私にとってまさに『青天の霹靂』の出来事であった」.....。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでもよく用いられる「青天の霹靂」という言葉。 いったいどのよ


人の振り見て我が振り直せ!「他山の石」の意味と使い方とは?

「A社の個人情報流出を『他山の石』とする」「海外で起きた事件を『他山の石』として対策を講じる」......。 ニュース記事でも見る機会が多い「他山の石」という故事成語。 この「他山の石」という故事成語には、いったいどのような意味があるのでしょうか? 「他山




↑このページのトップヘ