タグ:四字熟語

一度地獄を見た者は強い!「捲土重来」の意味と使い方とは?

「王者の前に敗れた若き挑戦者には、今後の『捲土重来』を期待したい」「一昨年B社に市場シェアを奪われたC社は、今春、シェア奪回を目指して新製品を発売するが、果たして『捲土重来』となるか注目したい」......。 このように使われる「捲土重来」という四字熟語。 いっ




未完の大器と言わないで!「大器晩成」の意味と使い方とは?

「戦国大名のA氏は、中年期以降に頭角をあらわした『大器晩成』型の人物である」「大相撲の力士であるDは典型的な『大器晩成』型であり、30代後半まで息の長い活躍を見せた」......。 このように様々なシチュエーションで用いられる「大器晩成」という四字熟語。 いったい




○○を金科玉条とする!「金科玉条」の意味と使い方とは?

「私は、父の教えでもある〈弱い立場にある人こそ守らなければならない〉という言葉を『金科玉条』として生きている」「A社が『金科玉条』としてきた〈選択と集中〉の経営方針に従うならば、赤字を垂れ流す事業部を閉鎖するのは当然のことであろう」......。 このように様


意識不明や昏睡状態になること…「人事不省」の意味と使い方とは?

「疑惑の渦中にあった議員秘書は、C駅近くの堤防で『人事不省』の状態で倒れているのを発見されたが、翌日死亡した」......。 このように、特に古い文献や小説などを読んでいると「人事不省」という言葉に出会います。 この「人事不省」という言葉には、いったいどのよう


初志を貫く!「初志貫徹」の意味と使い方とは?

「彼は文学者になりたいという子供の頃からの夢を見事に『初志貫徹』させた」「子供の受験を成功させるためには、親子で『初志貫徹』させようという強い気持ちを持つことが大切だ」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする機会が多い「初志貫徹」という四字


傍若無人の代表例はあの人!「傍若無人」の意味と使い方とは?

「観光客の『傍若無人』な振る舞いが地元住民の反発を引き起こしている」「選手起用にまで口を出すオーナーの『傍若無人』ぶりに、現場の首脳陣や選手たちは辟易している」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする機会が多い「傍若無人」という四字熟語。




↑このページのトップヘ