タグ:四字熟語

「有名無実」の意味と使い方とは…実際には機能していないこと

ルールを作ったのはいいけれど…… 「スマートフォンの実質0円販売に対し、総務省はガイドラインを定め販売店に是正するよう求めたものの、販売店側も工夫を重ねているためガイドラインは『有名無実』化している」......。 このようにビジネス系の記事でもよく用いら


「和魂洋才」の意味とは…「和魂漢才」と一緒に覚える!

「和魂洋才」という四字熟語は、現代に生きる私たちに重要な示唆を与えてくれる言葉だとされます。 和魂洋才とは? 「和魂洋才」の読み方と意味とは? まずは、それぞれの漢字の意味の確認から。 「和」=”日本” 「魂」=”精神” 「洋」=”西洋” 「才」=



一度地獄を見た者は強い!「捲土重来」の意味と使い方とは?

「王者の前に敗れた若き挑戦者には、今後の『捲土重来』を期待したい」「一昨年B社に市場シェアを奪われたC社は、今春、シェア奪回を目指して新製品を発売するが、果たして『捲土重来』となるか注目したい」......。 このように使われる「捲土重来」という四字熟語。




未完の大器と言わないで!「大器晩成」の意味と使い方とは?

「戦国大名のA氏は、中年期以降に頭角をあらわした『大器晩成』型の人物である」「大相撲の力士であるDは典型的な『大器晩成』型であり、30代後半まで息の長い活躍を見せた」......。 このように様々なシチュエーションで用いられる「大器晩成」という四字熟語。 いっ




○○を金科玉条とする!「金科玉条」の意味と使い方とは?

「私は、父の教えでもある〈弱い立場にある人こそ守らなければならない〉という言葉を『金科玉条』として生きている」「A社が『金科玉条』としてきた〈選択と集中〉の経営方針に従うならば、赤字を垂れ流す事業部を閉鎖するのは当然のことであろう」......。 このよう




↑このページのトップヘ