カテゴリ: 読み方

貸し借りがチャラになる!「相殺」の読み方と意味とは?

「金利が下がっても、住宅価格が高騰すれば金利低下分が『相殺』されかねない」「今期のA社は、金融部門がかなりの利益を出したものの不動産部門の不振が『相殺』し、最終的な利益はほとんどなくなってしまった」......。 このように経済誌の記事でも見る機会が多い「相殺


明文化されていない暗黙のルール!「不文律」の意味とは?

「業界内のルールとして、円満退社せずに独立した者には仕事を発注しないという『不文律』が存在する」「放送業界には、スポンサーへの配慮のため、番組の終了は遅くとも3ヵ月前までに決めなければならないという『不文律』がある」......。 このようにビジネスシーンでも


相手のネガティブな面を指摘する!「揶揄」の意味と使い方とは?

「A社長は、独裁者のようだと周囲から『揶揄』されている」「新聞記者は、ネットの世界をバーチャル空間のようだと『揶揄』した」......。 ニュース記事などでもよく見る「揶揄」という言葉。 この「揶揄」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか?


やっぱりやめます!「翻意」の意味と使い方とは?

「監督が直接A選手を説得し、引退を『翻意』させた」「退団の意思を示していたB選手だったが、最近になって『翻意』し残留が決まった」......。 このように、スポーツニュースなどでもよく用いられる「翻意」という言葉。 「翻意」という言葉には、いったいどのような意味


数値の変化が"よく目立つ"!「顕著」の意味と使い方とは?

「A社は、海外事業の中でもB国での事業の伸びが『顕著』のようだ」「昨年末からC国経済の減速が『顕著』になっている」......。 このようにビジネス系の記事でもよく用いられる「顕著」という言葉。 「顕著」には、いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


ポイントは"少しずつ"!「漸増」「漸減」の読み方と意味とは?

「A社の有利子負債が『漸増』している」「貯蓄残高は『漸減』傾向が続いている」......。 ビジネス系の記事やビジネス文書でも見る機会の多い「漸増」と「漸減」という言葉。 これら「漸増」と「漸減」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか? こ


人質ならぬ言葉質!?「言質」の意味と使い方とは?

「大臣は『言質』を取られぬよう慎重に話した」「相手に『言質』を与えるような発言は控えるべきだ」......。 ニュース記事などでよく見る「言質」という言葉。この「言質」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか? え、今の発言、もしかして言質を



とんでもないツンデレ表現!?「吝かではない」の読み方と意味とは?

インターネット上やSNS上などでも時々見かける「吝かではない」という表現。少し古めかしい言葉ですが、実はこの「吝かではない」、とんでもないツンデレ表現だったのです。 ここでは「吝かではない」の読み方や意味・使い方を説明します。 まぁそこまで言うのなら合コン





↑このページのトップヘ