カテゴリ: 読み方



一度地獄を見た者は強い!「捲土重来」の意味と使い方とは?

「王者の前に敗れた若き挑戦者には、今後の『捲土重来』を期待したい」「一昨年B社に市場シェアを奪われたC社は、今春、シェア奪回を目指して新製品を発売するが、果たして『捲土重来』となるか注目したい」......。 このように使われる「捲土重来」という四字熟語。


「吝嗇家」ってどういうこと?「吝嗇」の意味と使い方とは?

「童話では、『吝嗇』な金貸しの老人が悪役として登場することが多い」「『吝嗇』家として知られるAさんは、自分の孫に何か買い与えることすら渋るらしい」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「吝嗇」という言葉。 いったいどのような意味や使い



相手をほめる際に使える!「慧眼」の意味と使い方とは?

「仰木監督の『慧眼』が、イチローの才能を開花させた」「いや~さすが部長!素晴らしい『慧眼』をお持ちですっ!」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「慧眼」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? 素晴らしい



「暫時休憩」に「暫時的」…「暫時」の意味と使い方とは?

「会議は長時間の議論が続いたため、『暫時』休憩とすることになった」「県が今回組んだ予算は、主に台風の被害の大きかった地域の『暫時』的な支援策に用いられる予定だ」......。 このようにややお堅いシチュエーションで見聞きすることが多い「暫時」という言葉。



「迂闊な発言」ってどういうこと?「迂闊」の意味と使い方とは?

「A議員の『迂闊』な発言に対して、メディアからは非難が集中した」「大事な会議の開始時刻を間違えるとは、実に『迂闊』だった」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「迂闊」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?




↑このページのトップヘ