カテゴリ: カタカナ語

会社の資源はヒト・モノ・カネ!「リソース」の意味とは?

「新商品の開発には膨大な『リソース』が費やされる」「営業部門における『人的リソース』の不足は深刻だ」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会が多い「リソース」という言葉。 ビジネスシーンで使われるカタカナ語「リソース」には、い


日本社会では「根回し」が重要!?「コンセンサス」の意味とは?

「増税に関する国民の『コンセンサス』を得るためには、さらなる議論が必要だ」「コンプライアンスを順守することが業界の『コンセンサス』だ」......。 このようにニュース記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「コンセンサス」というカタカナ語。 「コンセンサス


格上・格下どっちが出てくる?「カウンターパート」の意味とは?

「外務省の事務次官が中国を訪問、『カウンターパート』となる中国外交部の高官と会談した」「A社側は取締役執行役員が『カウンターパート』となった」......。 政治ニュースやビジネス系の記事で見聞きする機会も多い「カウンターパート」という言葉。 このカタカナ語「


ビジネスパーソンの一般常識!?「インフラ」の意味とは?

「政府が『インフラ』整備計画を策定する」「橋梁やトンネルなどの『社会インフラ』の老朽化は深刻な問題だ」......。 ニュース記事のみならず、ビジネスシーンでも見聞きする機会が多い「インフラ」という言葉。 このカタカナ語「インフラ」には、いったいどのような意味


日本語の「一里塚」も同じ意味!?「マイルストーン」の意味とは?

「新技術の採用は、ひとつの重要な『マイルストーン』となった」「プロジェクトのスケジュール進行における『マイルストーン』」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「マイルストーン」という言葉。 「マイルストーン」には、いっ


スタートアップ関連記事でよく見る「ピボット」の意味とは?

「スタートアップ企業S社が、同社の英語教育サービスを『ピボット』すると発表した」「今回の『ピボット』により、T社がどのような進化を遂げるのか注視したい」......。 このように、特にスタートアップ企業に関連するビジネス記事で見かけることが多い「ピボット」という


激しさを持つ変化!「ドラスティック」の意味と使い方とは?

「営業部門で『ドラスティック』な改革を断行する」「社員の意識に『ドラスティック』な変化が見られる」......。 ビジネスシーンでも使うことが多い「ドラスティック」というカタカナ語。 いったいどのような意味があるのでしょうか? この社会をドラスティックに変え


ビジネス記事でもよく見る「プレゼンス」の意味とは?

「極東地域におけるアメリカの軍事『プレゼンス』」「世界経済において中国の『プレゼンス』が高まっている」......。 ニュースやビジネス系の記事で見かけることが多い「プレゼンス」というカタカナ語。 この「プレゼンス」という言葉には、いったいどのような意味があ


広告代理店でよく使われる!?「アサイン」の意味とは?

「大規模な開発プロジェクトに『アサイン』された経験がある」「プロジェクトにビジネスの責任者を『アサイン』してほしい」......。 ビジネスシーンでも、たまに聞く「アサイン」というカタカナ語。 ビジネスシーンで用いられる「アサイン」という言葉には、いったいどの





↑このページのトップヘ