カテゴリ: カタカナ語

短縮することが望ましい!「リードタイム」の意味とは?

「顧客にサービスを提供するまでの『リードタイム』を短縮することが、現状の課題である」「『リードタイム』を見直し、注文後20分以内に必ず作る仕組みに改善したことで、顧客満足度(CS)が向上した」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機


「フィックス」と語源は同じ!「フィクサー」の意味とは?

「A氏は戦前の日本において政財界の『フィクサー』として暗躍した人物として知られる」「B氏は芸能界の『フィクサー』的な存在であるとされる」......。 このようにビジネス系の記事や芸能ニュースなどで見聞きする機会も多い「フィクサー」という言葉。 いったいどのよう



ビジネスシーンで使われる「ルーティン」の意味とは?

「新入社員のみならず、中堅社員こそ『ルーティン』業務をおろそかにしてはならない」「『ルーティン』な作業をブラッシュアップすることで、より業務が効率的になる可能性がある」......。 ビジネスシーンで見聞きする機会も多い「ルーティン」(ルーチンとも)という言葉



不当廉売はなぜ起きる?「ダンピング」の意味とは?

「イギリス政府は、中国が国際市場で鋼鉄製品を『ダンピング』価格で販売していることを非難した」「国内の宅配事業者は、運賃の『ダンピング』合戦に追い込まれた結果、低運賃にあえいでいる」......。 このように、ビジネス系の記事で見聞きする機会も多い「ダンピング」


米・小売業界にとって重要な日!「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」の意味とは?

「『ブラックフライデー』からクリスマスにかけての商戦では、アメリカの大手小売店が年に一度の特大セールを打ってくる」「米小売り大手のウォルマートは、『サイバーマンデー』に1日のオンライン売上高としては過去最高を記録したと発表した」......。 このようにビジネ


一気に道が開ける!「ブレイクスルー」の意味と使い方とは?

「ディープラーニング( Deep Learning )は、人工知能( AI )研究における『ブレイクスルー』だと評価されている」「A社がさらに飛躍するためには技術面での『ブレイクスルー』が必要だ」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「ブ


「リテール営業職」って何?「リテール」の意味と使い方とは?

「B社が『リテール』営業職を募集しているようだ」「C証券は『リテール』に強みを持つ」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでも見聞きする機会が多い「リテール」というカタカナ語。 いったいどのような意味があるのでしょうか? 私はリテール営業





↑このページのトップヘ