カテゴリ: カタカナ語

”田舎の”という意味はない!?「ローカル」の本当の意味とは?

「この番組は関西『ローカル』なんだよね」「企業の海外進出にあたっては、労務管理面での『ローカル』化も課題となる」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きすることが多い「ローカル」という言葉。 「ローカル」と聞くと、つい”田舎の”という意味を


元々は報道用語!「オフレコ」の意味とは?

「今回の会議の内容は完全に『オフレコ』ということでお願いします」「会合の議事録には参加者の『オフレコ』発言が含まれているので、決して公開しないように」......。 このように、様々なシチュエーションで見聞きする「オフレコ」という言葉。 いったいどのような


「フィックス」と語源は同じ!「フィクサー」の意味とは?

「A氏は戦前の日本において政財界の『フィクサー』として暗躍した人物として知られる」「B氏は芸能界の『フィクサー』的な存在であるとされる」......。 このようにビジネス系の記事や芸能ニュースなどで見聞きする機会も多い「フィクサー」という言葉。 いったいどの


暗躍するイメージがある!?「ブローカー」の意味とは?

「中国からの訪日客による爆買いは、主に中国国内で日本製の商品の転売を目論む『ブローカー』によって支えられてきた」「怪しげな金融『ブローカー』が、未公開株の投資話を持ち掛けてきた」......。 このようにビジネス系の記事などで見聞きする機会も多い「ブローカ


自作自演で利益を得る!「マッチポンプ」の意味と使い方とは?

芸能関係の記事やニュース報道などで見聞きする機会も多い「マッチポンプ」という言葉。 「マッチポンプ」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか? それヤバいよヤバいよ!超問題だよ! 「マッチポンプ」は和製英語 カタカナ語「マッチポン


格上・格下どっちが出てくる?「カウンターパート」の意味とは?

「外務省の事務次官が中国を訪問、『カウンターパート』となる中国外交部の高官と会談した」「A社側は取締役執行役員が『カウンターパート』となった」......。 政治ニュースやビジネス系の記事で見聞きする機会も多い「カウンターパート」という言葉。 このカタカナ


ビジネスパーソンの一般常識!?「インフラ」の意味とは?

「政府が『インフラ』整備計画を策定する」「橋梁やトンネルなどの『社会インフラ』の老朽化は深刻な問題だ」......。 ニュース記事のみならず、ビジネスシーンでも見聞きする機会が多い「インフラ」という言葉。 このカタカナ語「インフラ」には、いったいどのような


激しさを持つ変化!「ドラスティック」の意味と使い方とは?

「営業部門で『ドラスティック』な改革を断行する」「社員の意識に『ドラスティック』な変化が見られる」......。 ビジネスシーンでも使うことが多い「ドラスティック」というカタカナ語。 いったいどのような意味があるのでしょうか? この社会をドラスティックに


ビジネス記事でもよく見る「プレゼンス」の意味とは?

”存在”や”存在感”という意味がある 「極東地域におけるアメリカの軍事『プレゼンス』」「世界経済において中国の『プレゼンス』が高まっている」......。 ニュースやビジネス系の記事で見かけることが多い「プレゼンス」というカタカナ語。 この「プレゼンス


職場あるあるのひとつ?「ダブルスタンダード」の意味とは?

「うちの課は書類の取り扱いが『ダブルスタンダード』だからな」「なんだかんだで『ダブルスタンダード』だしね」......。 ビジネスシーンでも聞く機会が多い「ダブルスタンダード」という言葉。 この「ダブルスタンダード」には、いったいどのような意味があるのでし




↑このページのトップヘ