カテゴリ: ビジネスメール

挨拶文の前文や末文で大活躍!「ご健勝」の意味と使い方とは?

「皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」「皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」......。 挨拶文などのビジネス文書を書く際やスピーチを行う際に、知っておくと便利なのが「ご健勝」の表現です。 ここでは「ご健勝」の意味と使い方を



ビジネス文章で用いる「当該」と「該当」の意味の違いとは?

ビジネス文章で用いる「当該」と「該当」の言葉。 「まぁ使っている漢字も同じだし、フィーリングで好きな方を使えばいいや.....」と考えるビジネスパーソンもいるかもしれませんが、実は注意が必要な言葉です。 ■ 「当該」の意味と使い方は? まずは「当該」の読み



催促をしたい際に大活躍!「検討」の意味と使い方

「会議の日時設定の件、部長から返事がまだ来ていないけど絶対に忘れているだろうなぁ。催促するの面倒だよなぁ。『部長、忘れてませんか(半笑い)?』じゃ逆ギレされるよなぁ。あぁ、どう催促したらいいんだろう......。」 このような経験、皆さんも一度はあるのでは


相手をねぎらうビジネス敬語「ご足労」の意味と使い方

「本日は、お暑い中をご足労いただきまして申し訳ございません」......。 と、ビジネスシーンで相手に(こちらへ)来てもらった際に大活躍するのが「ご足労」の表現。ここではビジネス敬語「ご足労」の意味と使い方を説明します。 ■ 「ご足労」の読み方と意味 ま



「周知する」は誤用なの!?「周知」の意味と使い方

「周知させる」「周知を図る」「周知徹底」「周知不足」......。 ニュース記事などで頻繁に目にする「周知」という言葉。いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? ■ 「周知」の読み方と意味 まずは「周知」という言葉の読み方と意味の確認をしましょ


社会人は「忘れました」を使ってはいけない!?「失念」の意味とは?

人間は忘却の生き物であると言われます。 しかし社会人たるもの、会議の時間や報告書の提出など、何か大切なことを忘れてしまった際に「すいませ~ん、忘れました~(・ω<) てへぺろ」では許されません。 そんなときに覚えておくと便利なのが「失念」という言葉です。





↑このページのトップヘ