カテゴリ: 一般常識

「跳梁」と「跋扈」から成る!「跳梁跋扈」の意味と使い方とは?

「現在、A国では様々な武装勢力が各地で『跳梁跋扈』しているため、治安がとても悪化している」「バブル崩壊後の日本では、外国のハゲタカファンドが『跳梁跋扈』した」......。 このようにニュース記事やビジネス関連の記事で用いられる「跳梁跋扈」という四字熟語。 い


切り離すことができない関係!「表裏一体」の意味と使い方とは?

「権利と義務は、常に『表裏一体』の関係にある」「いわゆる日本的雇用慣行とされる年功序列賃金と終身雇用は、『表裏一体』の仕組みである」......。 このように、様々なシチュエーションで見聞きする「表裏一体」という表現。 いったいどのような意味や使い方があるので


本来は「疑心暗鬼を生ず」!「疑心暗鬼」の意味と使い方とは?

「巨額損失が発生したA社。経営陣による釈明会見が二度も延期されたことで、マーケット関係者は『疑心暗鬼』に陥っている」「『疑心暗鬼』に取りつかれ、夫の携帯電話の履歴やメールを見てしまう妻も少なくない」......。 このように、様々なシチュエーションで見聞きする


安倍総理も読み間違えた!?「云々」の意味と使い方とは?

「上司からは『お前が悪い』『お前のせいだ』〈云々〉といつも叱られている」「金額〈云々〉という話ではなく、気持ちの問題だ」......。 このように用いられる「云々」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? 部長読み間違えてやんの!




注意喚起でよく見る「不要不急」の意味と使い方とは?

「外務省は、A国の政情が不安定となっていることを受けて危険情報を発表し、A国への『不要不急』の渡航を控えるように呼び掛けた」「大雪が続くB市の市長は、交通の混乱が続く状況を重くみて、自家用車での『不要不急』の外出を控えるよう市民に対して異例の要請を行った」.


長所もあれば短所もある!「一長一短」の意味と使い方とは?

「本社社屋の建設候補地は複数あるが、交通の便や取得可能な面積など、それぞれの候補地には『一長一短』があるため、今後、検討を重ねていかなければならない」......。 このように用いられる「一長一短」という四字熟語。 いったいどのような意味や使い方があるのかを確


千年に一度あるかないか!「千載一遇」の意味と使い方とは?

「新商品に興味を示したテレビ局の取材は、A社にとってまさに『千載一遇』のチャンスであった」「急速な市場環境の変化は、私たち新興企業にとっては『千載一遇』の好機であるという認識を持たなければならない」......。 このように用いられる「千載一遇」という四字熟語


跡目争いに遺産相続…「骨肉の争い」の意味と使い方とは?

「これまでの歴史の中で、多くの国では王位継承を巡る『骨肉の争い』が繰り広げられてきた」「今回のB社の社長解任劇は、B社創業者一族の『骨肉の争い』が表面化したものである」......。 このように用いられる「骨肉の争い」という表現ですが、いったいどのような意味や使




↑このページのトップヘ