カテゴリ: 一般常識


「暫時休憩」に「暫時的」…「暫時」の意味と使い方とは?

「会議は長時間の議論が続いたため、『暫時』休憩とすることになった」「県が今回組んだ予算は、主に台風の被害の大きかった地域の『暫時』的な支援策に用いられる予定だ」......。 このようにややお堅いシチュエーションで見聞きすることが多い「暫時」という言葉。 いっ


「顕在化する」ってどういうこと?「顕在化」の意味と使い方とは?

「以前より社内でくすぶり続けてきた常務派と専務派の対立は、創業者社長の死後すぐに『顕在化』した」「社員の過労死問題が報じられたA社では、それ以外にも様々な労働問題が『顕在化』してきている」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「顕在化」と


「迂闊な発言」ってどういうこと?「迂闊」の意味と使い方とは?

「A議員の『迂闊』な発言に対して、メディアからは非難が集中した」「大事な会議の開始時刻を間違えるとは、実に『迂闊』だった」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「迂闊」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? ハ



「享受する」ってどういうこと?「享受」の意味と使い方とは?

「現代に生きる私たちは、様々なテクノロジーの恩恵を『享受』しながら生活している」「現在、A社は世界的な需要拡大の追い風を『享受』しながら業績を伸ばしている」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「享受」という言葉。 いったいどのような意味


「逡巡する」ってどういうこと?「逡巡」の意味と使い方とは?

「今の会社で頑張るのか、飛躍のために転職をするのか。ビジネスパーソンにとって、30代は『逡巡』の時期だとも言える」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「逡巡」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? どうしよう


「自負する」に「自負心」…「自負」の意味と使い方とは?

「ここまで売れている商品は他にないと『自負』しております」「面白い作品を作ったという『自負』があったから、作品がこれだけの人に愛されてとてもうれしい」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「自負」という言葉。 いったいどのような意味や使い


「適宜対応する」とはどういうこと?「適宜」の意味と使い方とは?

「登山道における観光客のための案内看板等は、『適宜』整備していく予定です」「A電鉄では、乗客の転落防止のため、駅のプラットホームに『適宜』ホームドアを備え付けていく予定だという」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「適宜」という言葉。


「軋轢を生む」とはどういうこと?「軋轢」の意味と使い方とは?

「新空港の建設問題をめぐって、知事と県議会の間では『軋轢』が強まっている」「協調性に欠けるA氏は、職場内で無用な『軋轢』を生むトラブルメーカーであった」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「軋轢」という言葉。 いったいどのような意味や使




↑このページのトップヘ