カテゴリ: 一般常識

一度地獄を見た者は強い!「捲土重来」の意味と使い方とは?

「王者の前に敗れた若き挑戦者には、今後の『捲土重来』を期待したい」「一昨年B社に市場シェアを奪われたC社は、今春、シェア奪回を目指して新製品を発売するが、果たして『捲土重来』となるか注目したい」......。 このように使われる「捲土重来」という四字熟語。 いっ




「吝嗇家」ってどういうこと?「吝嗇」の意味と使い方とは?

「童話では、『吝嗇』な金貸しの老人が悪役として登場することが多い」「『吝嗇』家として知られるAさんは、自分の孫に何か買い与えることすら渋るらしい」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「吝嗇」という言葉。 いったいどのような意味や使い方が


人が亡くなったことを伝える言葉…「死去」「逝去」「死亡」の意味と使い方の違いとは?

新聞などの訃報記事では、「死去」や「逝去」といった言葉がよく用いられます(また事件や事故の報道では「死亡」という言葉が使用されます)。 この「死去」と「逝去」という言葉には、何か意味や使い方に違いがあるのでしょうか? というわけで、ここでは「死去」と「逝


自分で「ポテンシャルがある」とは言ってはいけない!?「ポテンシャル」の意味と使い方とは?

「就活面接では、採用担当者は学生の『ポテンシャル』を見ている」「30代以上の転職では、転職志望者の『ポテンシャル』ではなく、これまでの経験や実績が重視される」......。 このようにビジネス系の記事をはじめ、様々なシチュエーションで見聞きする「ポテンシャル」と


「当事者意識」ってどういうこと?「当事者」の意味と使い方とは?

「子供を保育園に預けられないことは、『当事者』にとっては切実な問題である」「プロジェクトのリーダーとして、メンバーの『当事者意識』を醸成することが重要だと認識している」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「当事者」や「当事者意識」という


相手をほめる際に使える!「慧眼」の意味と使い方とは?

「仰木監督の『慧眼』が、イチローの才能を開花させた」「いや~さすが部長!素晴らしい『慧眼』をお持ちですっ!」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「慧眼」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? 素晴らしい慧眼


「看過できない」ってどういうこと?「看過」の意味と使い方とは?

「出生率が低いレベルでとどまっていることは、『看過』できない問題である」「職員のモラル低下は、これ以上『看過』できない状況にある」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「看過」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか





↑このページのトップヘ