カテゴリ: 敬語

セブンイレブンのアルバイトが毎回唱和する「接客六大用語」とは?

コンビニ業界のみならず小売業界の雄でもあるセブンイレブン。 セブンイレブンには「接客六大用語」というものがあり、アルバイトが勤務に入る際には、この「接客六大用語」を毎回唱和しなければならないそうです。 というわけでセブンイレブンの「接客六大用語」とは、い


挨拶文でエース級の大活躍!「ご高配」の意味と使い方とは?

「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」......。 挨拶文などの手紙文・ビジネス文書でエース級の大活躍をしてくれるのが「ご高配(御高配)」の表現。 ここでは「ご高配」の意味と使い方を説明します。 ■ 「高配」の意味とは? まずは「高配」という言


仲良くしてくれてありがとう!「ご厚誼」の意味と使い方とは?

「ご厚誼を賜った多くの方々に感謝申し上げます」「引き続き変わらぬ厚誼を賜りますようよろしくお願いします」......。 挨拶文などのビジネス文書を書く際やスピーチを行う際に、知っておくと便利なのが「ご厚誼」の表現です。 ここでは「ご厚誼」の意味と使い方を説明


助力を願う依頼文で大活躍!「お力添え」の意味と使い方とは?

「何卒お力添えいただきますよう、心よりお願いいたします」「微力ながらもお力添えができれば幸いです」......。 依頼文やスピーチなどで相手に助力や協力を願う(あるいは感謝する)際、自分が助力や協力を申し出る際に知っておくと便利なのが「お力添え」の表現です。


挨拶文の前文や末文で大活躍!「ご健勝」の意味と使い方とは?

「皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」「皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」......。 挨拶文などのビジネス文書を書く際やスピーチを行う際に、知っておくと便利なのが「ご健勝」の表現です。 ここでは「ご健勝」の意味と使い方を




社会人は「できません」「わかりません」ではなく「できかねます」「わかりかねます」を使おう

普段、私たちが生活する中で何かをすることができない場合には「できません」、知らない場合には「わかりません」と言うのは普通のことです。 しかし、社会人がビジネスシーンで「できません」「わかりません」といった表現を用いるのは避けたほうがよいとされています。


相手をねぎらうビジネス敬語「ご足労」の意味と使い方

「本日は、お暑い中をご足労いただきまして申し訳ございません」......。 と、ビジネスシーンで相手に(こちらへ)来てもらった際に大活躍するのが「ご足労」の表現。ここではビジネス敬語「ご足労」の意味と使い方を説明します。 ■ 「ご足労」の読み方と意味 ま





↑このページのトップヘ