カテゴリ: ビジネスメール/手紙文/敬語


「思う」「考える」の敬語表現!「拝察」の意味と使い方とは?

「相談内容から早期に問題解決を図りたいものと『拝察』します」「ご臨席の保護者の皆さまにおかれましては、今日を迎えられましたこと、喜びもひとしおと『拝察』し、心よりお祝い申し上げます」......。 このように、ややかしこまったシチュエーションで見聞きする


「足」の敬語表現は「お足」じゃダメなの?

相手を家などに招待した際に、正座している相手に対してよく用いられる「どうぞ、『足』を崩して楽になさってください」の表現。 これはこれで問題のない表現なのですが、もう少し丁寧に表現しようと思い「足」を「お足」と言いたくなる場合もあります。 しかし、実


挨拶文でエース級の大活躍!「ご高配」の意味と使い方とは?

「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」......。 挨拶文などの手紙文・ビジネス文書でエース級の大活躍をしてくれるのが「ご高配(御高配)」の表現。 ここでは「ご高配」の意味と使い方を説明します。 「高配」の意味とは? まずは「高配」という


仲良くしてくれてありがとう!「ご厚誼」の意味と使い方とは?

仲良くしてくれてありがとう!の気持ちを伝える敬語表現 「ご厚誼を賜った多くの方々に感謝申し上げます」「引き続き変わらぬ厚誼を賜りますようよろしくお願いします」......。 挨拶文などのビジネス文書を書く際やスピーチを行う際に、知っておくと便利なのが「ご


助力を願う依頼文で大活躍!「お力添え」の意味と使い方とは?

「何卒お力添えいただきますよう、心よりお願いいたします」「微力ながらもお力添えができれば幸いです」......。 依頼文やスピーチなどで相手に助力や協力を願う(あるいは感謝する)際、自分が助力や協力を申し出る際に知っておくと便利なのが「お力添え」の表現です


挨拶文の前文や末文で大活躍!「ご健勝」の意味と使い方とは?

「皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」「皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」......。 挨拶文などのビジネス文書を書く際やスピーチを行う際に、知っておくと便利なのが「ご健勝」の表現です。 ここでは「ご健勝」の意味と使い方




社会人は「できません」「わかりません」ではなく「できかねます」「わかりかねます」を使おう

普段、私たちが生活する中で何かをすることができない場合には「できません」、知らない場合には「わかりません」と言うのは普通のことです。 しかし、社会人がビジネスシーンで「できません」「わかりません」といった表現を用いるのは避けたほうがよいとされています




↑このページのトップヘ