カテゴリ: 敬語


人が亡くなったことを伝える言葉…「死去」「逝去」「死亡」の意味と使い方の違いとは?

新聞などの訃報記事では、「死去」や「逝去」といった言葉がよく用いられます(また事件や事故の報道では「死亡」という言葉が使用されます)。 この「死去」と「逝去」という言葉には、何か意味や使い方に違いがあるのでしょうか? というわけで、ここでは「死去」と「逝




何卒よろしくお願い申し上げます!「何卒」の意味と使い方とは?

「今後とも『何卒』ご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」「本年もより一層のご愛顧を賜りますよう、『何卒』よろしくお願い申し上げます」......。 このように挨拶やスピーチ、そして手紙やビジネス文書でも頻繁に用いられる「何卒」という言葉。 ここでは


相手をほめる際に使える!「ご明察」の意味と使い方とは?

「さすが部長!まさに『ご明察』の通りです」「『ご明察!』と言わずにはいられません」......。 このようにビジネスシーンでもよく用いられる「ご明察」という言葉。 いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? さすが部長!まさにご明察の通りです 「明




「思う」「考える」の敬語表現!「拝察」の意味と使い方とは?

「相談内容から早期に問題解決を図りたいものと『拝察』します」「ご臨席の保護者の皆さまにおかれましては、今日を迎えられましたこと、喜びもひとしおと『拝察』し、心よりお祝い申し上げます」......。 このように、ややかしこまったシチュエーションで見聞きする「拝察


「足」の敬語表現は「お足」じゃダメなの?

相手を家などに招待した際に、正座している相手に対してよく用いられる「どうぞ、『足』を崩して楽になさってください」の表現。 これはこれで問題のない表現なのですが、もう少し丁寧に表現しようと思い「足」を「お足」と言いたくなる場合もあります。 しかし、実は「




↑このページのトップヘ