カテゴリ: ビジネス用語

一気に道が開ける!「ブレイクスルー」の意味と使い方とは?

「ディープラーニング( Deep Learning )は、人工知能( AI )研究における『ブレイクスルー』だと評価されている」「A社がさらに飛躍するためには技術面での『ブレイクスルー』が必要だ」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い


「リテール営業職」って何?「リテール」の意味と使い方とは?

「B社が『リテール』営業職を募集しているようだ」「C証券は『リテール』に強みを持つ」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでも見聞きする機会が多い「リテール」というカタカナ語。 いったいどのような意味があるのでしょうか? 私はリテール


「斜陽産業」ってどんな業種?「斜陽」の意味と使い方とは?

「テレビが登場し娯楽の多様化が進んだ際、映画業界は『斜陽』産業であると言われた」「高機能なスマートフォンの普及により、ノートパソコンやデジタルカメラはかつてのように売れなくなり『斜陽』化が進んでいる」......。 このようにビジネス系の記事でもよく用いら


上の意向が強く働く!「更迭」の意味と使い方とは?

「C国のD大統領は、メディアから不祥事を追及されているエネルギー相を『更迭』した」「G社の営業担当執行役員が時季外れの人事異動で子会社へ出向したのは、G社の業績不振に伴う『更迭』人事だと噂されている」......。 このようにニュース記事やビジネス記事でも見る



高くても低くても大変!「参入障壁」の意味と使い方とは?

低けりゃいいってものでもない 「業界特有の旧態依然とした慣習が『参入障壁』となり、新規参入する企業は極めて少ない」「『参入障壁』が低い業界は、競争も激しく大きな成功は困難である」......。 このようにビジネス記事でよく見る言葉に「参入障壁」というもの




競合他社に対する自社の強み!「コア・コンピタンス」の意味とは?

「『コア・コンピタンス』がなければ、競争の激しい業界では生き残ることはできない」「レッドオーシャンから抜け出すためにも、『コア・コンピタンス』の創出が不可欠だ」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「コア・コンピタ





↑このページのトップヘ