カテゴリ: ビジネス用語


ひとつで全てが済む!「ワンストップ」の意味とは?

「B社は、多様化する顧客の要望に『ワンストップ』で応えるサポートセンターを開設した」.「C銀行は銀行、信託銀行、リテール証券の窓口を集約した『ワンストップ』チャネルでサービスを提供できる共同店舗を持つ」.....。 このように、最近ビジネス系の記事やビジネス



「座学」の対義語は何!?「座学」の意味とは?

「IT業界では、『座学』よりもOJTのスタイルのインターンシップが主流だ」「管理職昇格者に対しては、1か月かけて20時間の『座学』研修を行います」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでもよく用いられる「座学」という言葉。 いったいどのような意


短縮することが望ましい!「リードタイム」の意味とは?

「顧客にサービスを提供するまでの『リードタイム』を短縮することが、現状の課題である」「『リードタイム』を見直し、注文後20分以内に必ず作る仕組みに改善したことで、顧客満足度(CS)が向上した」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きす


ビジネスシーンで使われる「ルーティン」の意味とは?

単調だけど大事なこと 「新入社員のみならず、中堅社員こそ『ルーティン』業務をおろそかにしてはならない」「『ルーティン』な作業をブラッシュアップすることで、より業務が効率的になる可能性がある」......。 ビジネスシーンで見聞きする機会も多い「ルーティン



「証憑書類」とはナニモノ?「証憑」の意味とは?

「企業間の取引では、請求書などの『証憑』書類が発行されるのが一般的である」「我が社では、各種『証憑』書類は本社経理部が一括で保存・管理している」......。 このようにビジネスシーンでよく用いられる「証憑」という言葉は、新入社員が社会人になって初めて聞い


不当廉売はなぜ起きる?「ダンピング」の意味とは?

「イギリス政府は、中国が国際市場で鋼鉄製品を『ダンピング』価格で販売していることを非難した」「国内の宅配事業者は、運賃の『ダンピング』合戦に追い込まれた結果、低運賃にあえいでいる」......。 このように、ビジネス系の記事で見聞きする機会も多い「ダンピン





↑このページのトップヘ