事業を行う際の支出、すなわち費用を分類したもの

「A社は『固定費』の削減により赤字の解消を目指しているが、黒字浮上はまだ先のようだ」「売上が増加すると『変動費』も増えていくのが一般的だ」......。

このようにビジネスパーソンにとって見聞きする機会も多い「固定費」と「変動費」という言葉。

いったいどのような意味の違いや使い方があるのでしょうか?

「固定費」と「変動費」の意味の違いと使い方とは?
固定費を削減して毎月の支出を抑えたいですね……

「固定費」の意味とは?

「固定費」と「変動費」は、いずれも本来は企業会計の分野で用いられる概念であり、事業を行う際の支出、すなわち費用を分類したものです。

まずは先に「固定費」の意味から確認しましょう。

「固定費」とは、”売上や使用量に関係なく一定期間の支払額が決まっている費用”のことです。

企業であれば、家賃(不動産賃借料)や正社員の人件費といった、商品やサービスの売上に関係なくかかる費用、仮に売上がなくても支払わなければならない費用が「固定費」となります。

「固定費」(読み方:”こていひ”)の意味
  • ”売上や使用量に関係なく一定期間の支払額が決まっている費用”
     ※仮に売上が全くなくても支払わなければならない費用

最近では、家計においても「固定費」や「変動費」の概念を取り入れる風潮が高まっていますが、家計であれば、毎月の支払額が一定である家賃やインターネット代などが代表的な「固定費」だと言えるでしょう。

企業における「固定費」の一例
  • 家賃(不動産賃借料)
  • 正社員の人件費
  • 減価償却費
  • リース料

慢性的な赤字に苦しむ企業は、管理部門のオフィスを賃料の高い場所から賃料の低い場所へ移転したり、リストラで人員削減をするなど、この「固定費」を削減することで余計な支出を減らし赤字解消を目指します。



「変動費」の意味とは?

続いて「変動費」

もうおわかりかと思いますが、「変動費」とは、”売上や使用量に比例して増減する費用”のことです。

企業の場合、商品やサービスの売上に応じて変化する費用、例えば仕入原価や原材料費、外注費などが「変動費」となります。

また「変動費率」という言葉がありますが、「変動費率」とは、売上に占める「変動費」の割合を示したものです。

「変動費」(読み方:”へんどうひ”)の意味
  • ”売上や使用量に比例して増減する費用”
     「変動費率」 = 売上に占める「変動費」の割合のこと

家計なら、使えば使うほど支払額が増える電気代やガス代、水道代といった水道光熱費が「変動費」に相当するでしょう。

企業における「変動費」の一例
  • 仕入原価
  • 原材料費
  • 外注費

ちなみに、いわゆる「販管費(販売管理費)」と呼ばれるものに関しては、家賃(不動産賃借料)や正社員の人件費のように毎月の支払額が一定のものは「固定費」、光熱費や繁忙期に採用するアルバイトの人件費など売上に比例して変化するものは「変動費」といったように、個々のケース(あるいは業種)に応じて分類されます。

「固定費」と「変動費」を用いた具体的な文例

具体的な文例で「固定費」と「変動費」のイメージをつかみましょう。

まずは「固定費」から。

「固定費」を用いた具体的な文例
  • A社は「固定費」の削減により赤字の解消を目指しているが、黒字浮上はまだ先のようだ。

  • 売上減少に苦しむB社にとって、本社の賃料など多額の「固定費」は相当な負担になっているようだ。

  • 家計における節約のコツは、「固定費」を見直し削減することです。

続いて「変動費」。

「変動費」を用いた具体的な文例
  • 売上が増加すると「変動費」も増えていくのが一般的だ。

  • デジタル素材販売サイトにおけるクリエイターへのコミッション支払いは「変動費」的性格を持つ。

  • 「変動費」率とは売上に占める「変動費」の割合のことである。

このように用いられます。

それぞれの言葉が持つイメージがつかめたでしょうか。

「固定費」と「変動費」の同義語・類義語

同義語・類義語についても考えてみましょう。

「固定費」と同じ意味で用いられる言葉には「固定費用」があります。

「固定費」の同義語・類義語
  • 「固定費用」

一方、「変動費」と同じ意味で用いられる言葉には「変動費用」「可変費用」といった言葉があります。

「変動費」の同義語・類義語
  • 「変動費用」
  • 「可変費用」



まとめ

ここまでの内容をまとめます。

まとめ
  • 「固定費」とは、”売上や使用量に関係なく一定期間の支払額が決まっている費用”のこと
  • 「固定費」は、仮に売上がなくても支払わなければならない
  • 「変動費」とは、”売上や使用量に比例して増減する費用”のこと
  • 「変動費率」とは、売上に占める「変動費」の割合を示したもの

いずれにせよ、「固定費」と「変動費」はビジネスパーソンが見聞きする機会も多い言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「固定費」と「変動費」の意味の違いと使い方についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

※本記事は2017年5月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加