”物事の本質や人物が持つ潜在能力、将来を見抜く能力”

「仰木監督の『慧眼』が、イチローの才能を開花させた」「いや~さすが部長!素晴らしい『慧眼』をお持ちですっ!」......。

このように様々なシチュエーションで見聞きする「慧眼」という言葉。

いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?

相手をほめる際に使える!「慧眼」の意味と使い方とは?
素晴らしい慧眼をお持ちですね!

「慧眼」の読み方と意味とは?

まずは言葉の読み方と意味の確認からしましょう。

「慧眼」の読み方は”けいがん”

「慧眼」とは、”深い洞察力(どうさつりょく)”、例えば”物事の本質や人物が持つ潜在能力、将来を見抜く能力”を意味する言葉です。

「慧眼」(読み方:”けいがん”)の意味
  • ”深い洞察力(どうさつりょく)”
  • ”物事の本質や人物が持つ潜在能力、将来を見抜く能力”

ビジネスシーンでは、「素晴らしい『慧眼』をお持ちですね!」のように相手の洞察力をほめる際に使うことがあります。



本来は仏教用語である「慧眼」

ちなみに、この「慧眼」という言葉、本来は仏教用語です。

仏教用語としては”えげん”と読み、”物事の本質を見抜く目”という意味があります。

また、「慧」の字に送りがなをふると、やはり”物事の本質を見抜く”という意味を持つ「慧る(読み方:”さと(る)”)」になります。

いずれにせよ、「慧眼」は”物事の本質を見抜く”がキーワードになるわけです。

「慧眼」の基本的な使い方

基本的な使い方も見てみましょう。

基本的には、以下のような表現で用いられます。

「慧眼」の基本パターン
  • 「慧眼だ(である)」
  • 「慧眼を持つ(の持ち主)」
  • 「慧眼には恐れ入る(脱帽する / 感心する / 感服する)」

「慧眼」を用いた具体的な文例

具体的な文例で確認しましょう。

「慧眼」を用いた具体的な文例
  • 新人女優Aが持つポテンシャルを見抜き、あえて主役に抜擢したB監督の「慧眼」には恐れ入る。

  • 若い選手を中心としたチーム作りで優勝したC監督。シーズン前、各スポーツ紙の順位予想は低かったのだが、その「慧眼」には恐れ入るばかりである。

  • 仰木監督の「慧眼」が、イチローの才能を開花させた。

  • 新進気鋭の経済学者D氏は、優れた「慧眼」を持つことでも知られている。

  • 低価格競争を続けることでいずれ消耗戦になることを見抜き、同業他社の中でいちはやく値上げを決断したE社の社長の「慧眼」には恐れ入る。

  • いや~さすが部長!素晴らしい「慧眼」をお持ちですっ!

このように用いられます。

”物事の本質や人物が持つ潜在能力、将来を見抜く能力”といったイメージがわくでしょうか。

「慧眼」の同義語・類義語

同義語・類義語についても考えてみましょう。

「慧眼」に似た言葉には「洞察力」や「洞察眼」、「観察眼」、「物事の本質を見抜く能力」、「先見の明」などといった言葉があります。

「慧眼」の同義語・類義語
  • 「洞察力」
  • 「洞察眼」
  • 「観察眼」
  • 「物事の本質を見抜く能力」
  • 「先見の明」

いずれにせよ「慧眼」という言葉は様々なシチュエーションで見聞きする言葉なので、社会人の教養として意味を知っておきたいところです。

また、先ほども述べたとおり、ビジネスシーンでは相手の洞察力をほめる際に使うことがあります。まだ使ったことがない方は、ほめ言葉のバリエーションの一つに加えてみてはいかがでしょうか。

以上、「慧眼」の意味と使い方についての説明でした。ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

「慧眼」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年3月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: 慣用句