「売上拡大に向けて、営業体制や営業手法を『ゼロベース』から検討し直さなければならない」「新市長は駅の高架化事業を『ゼロベース』で見直す考えを示した」......。

このように、最近ニュースやビジネス系の記事で見聞きする機会が増えた「ゼロベース」というカタカナ語。

いったいどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?

「ゼロベースの予算編成」に「ゼロベース思考」…「ゼロベース」の意味と使い方とは?
君の給与査定もゼロベースで見直し決定♡

zero base を語源とするカタカナ語「ゼロベース」

カナタナ語「ゼロベース」は、英語の zero base を語源とする言葉です。

zero base は、zero-based budgeting (=「ゼロベースの予算編成」)といった表現で用いられます。

zero-based budgeting とは、官公庁や企業おいて本来なら前年度(過去)の実績に基づいて決定する予算編成を、前年度(過去)の実績を考慮せず、いったんゼロの状態に戻したうえで、再検討する方法です。

カタカナ語「ゼロベース」の意味とは?

zero-based budgeting 同様、カタカナ語「ゼロベース」は、基本的に”(特に官公庁や企業の予算編成において)前年度(過去)の実績を考慮せず、ゼロの状態に戻すこと(さらに、そのうえで再検討すること)”を意味する言葉です。

ただ最近では、広く”(これまでの経験則や実績、前提条件などを)一度白紙に戻すこと(そして一から見直すこと)”といった意味で使われています。

カタカナ語「ゼロベース」の意味
  • ”(特に官公庁や企業の予算編成において)前年度(過去)の実績を考慮せず、ゼロの状態に戻すこと(さらに、そのうえで再検討すること)”
  • ”(これまでの経験則や実績、前提条件などを)一度白紙に戻すこと(そして一から見直すこと)”

例えば何らかの計画や議論などが行きづまりをみせた際に「『ゼロベース』で見直しを行う」と言えば、計画や議論の前提条件を”一度白紙に戻すこと(そして一から見直すこと)”を意味するのです。



「ゼロベース」の基本的な使い方

カタカナ語「ゼロベース」は、以下のような表現で用いられます。

「ゼロベース」の基本パターン
  • 「ゼロベースの予算編成 / 予算」
  • 「ゼロベースで見直す / 再検討をする」

「ゼロベース思考」とは?

また、思考方法に関連する記事では、「ゼロベース思考」という言葉が出てくることがあります。

「ゼロベース思考」という言葉は以前から一部で用いられていましたが、2015年に日本で発売され話題となった書籍『0ベース思考(原題:Think Like a Freak)』をきっかけにして、一般的にも広まったようです。

ちなみに本書では、これまでの経験則や実績といった様々なバイアス(偏見)、既成概念を取り除くことで、合理的な判断ができると指摘しています。

思考方法に関連する記事では、この”様々なバイアス(偏見)、既成概念を取り除いて考えること”という意味で「ゼロベース思考」という言葉が使われています。

「ゼロベース思考」の意味
  • ”様々なバイアス(偏見)、既成概念を取り除いて考えること”

「ゼロベース」の具体的な使い方(文例)

具体的な文例も見てみましょう。

「ゼロベース」を用いた具体的な文例
  • 組織の抜本的な改革を目指すのであれば、現在の前提を取っ払った「ゼロベース」からの議論を行わなければならない。
  • 売上拡大に向けて、営業体制や営業手法を「ゼロベース」から検討し直さなければならない 。
  • 新市長は駅の高架化事業を「ゼロベース」で見直す考えを示した。
  • 知事は新庁舎の建設計画について「白紙に戻し、ゼロベースで」と述べ、抜本的に見直す方針を表明した。
  • 物事に行きづまった際には、「ゼロベース」で見直してみるとよい。

このように用いられます。

先ほども述べましたが、「ゼロベース」という言葉は、”(これまでの経験則や実績、前提条件などを)一度白紙に戻すこと(そして一から見直すこと)”という意味で用いられることのほうが多いようです。

「ゼロベース」の同義語・類義語

「ゼロベース」に似た言葉には、「一から見直すこと」や「一から考え直すこと」、「白紙に戻すこと」、「リセット(すること)」などといった言葉があります。

「ゼロベース」の同義語・類義語
  • 「一から見直すこと」
  • 「一から考え直すこと」
  • 「白紙に戻すこと」
  • 「リセット(すること)」


いずれにせよ「ゼロベース」という言葉は、最近ニュースやビジネス系の記事で見聞きする機会が増えた言葉。

社会人として意味を知っておきたいところです。


以上、「ゼロベース」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「ゼロベース」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年1月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

新しい消費者層の概念…「マイルドヤンキー」の意味とは?
草案の前の段階!?「骨子」の意味と使い方とは?
ビジネスシーンでよく聞く「たたき台」の意味と使い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: 合意形成