「オリンピックが開催されるから景気は良くなるという考え方は、少し『他力本願』な発想ではないだろうか」「大手スーパーの中は、人気の100円ショップをテナントに入れることで集客力が高まるという『他力本願』な経営方針をとるところも少なくない」......。

このように否定的な意味や文脈で用いられることが多い「他力本願」という四字熟語。

実は「他力本願」という四字熟語は、元々は浄土教(浄土宗・浄土真宗)の仏教用語であり、一般的には本来の意味とは違った意味で用いられている言葉です。

このような背景もあり、ビジネスパーソン、特に企業の広告担当者にとっては、取り扱いに注意したい言葉のひとつになるのです。

広告担当者が注意すべき四字熟語!?「他力本願」の意味と使い方とは?
他力本願を広告の文章に使う際には注意しましょう

本来は浄土教の仏教用語である「他力本願」

「他力本願」の読み方は”たりきほんがん”。

本来は浄土教の仏教用語であり、「他力」とは、”他人の力”ではなく”仏様(阿弥陀如来)の力”のこと、「本願」は”仏様が人々を救済しようとする願い”を意味します。

「他力本願」という言葉の本来の意味を、ものすごくかみ砕いて考えると、”私たち人間は、人知を超えた仏様の力(=【他力】)や、仏様が人々を救済しようとする願い(=【本願】)の中で生かされていること”となります(繰り返しますが、ものすごくかみ砕いた解釈であるという点をご了承ください)。

本来の「他力本願」(読み方:”たりきほんがん”)の意味
  • ”私たち人間は、人知を超えた仏様の力や、仏様が人々を救済しようとする願いの中で生かされていること”

というわけで、元々はとてもありがたい言葉なのです。



一般的に用いられている「他力本願」の意味

しかし現在、一般的に「他力本願」と言えば、”自分で努力をせず、他人(あるいは周囲の環境など)の働きから利益を得ようとすること”といった否定的な意味で用いられることがほとんどです。

一般的な「他力本願」(読み方:”たりきほんがん”)の意味
  • ”自分で努力をせず、他人(あるいは周囲の環境など)の働きから利益を得ようとすること”

この「他力本願」の意味は、現在では市民権を得ており、入試問題をはじめとする各種試験問題で問われることも少なくありません(各種試験の参考書や問題集にも登場します)。

一般的な意味で用いられている「他力本願」の文例

一般的な意味で用いられている実際の文例を見てみましょう。

「他力本願」を一般的な意味で用いた具体的な文例
  • オリンピックが開催されるから景気は良くなるという考え方は、少し「他力本願」な発想ではないだろうか。
  • 河川敷にバーベキュー後のゴミが大量に捨てられるのは、きっと誰かが片付けてくれるだろうという「他力本願」な甘えを持った人が増えているからではないか。
  • 大手スーパーの中は、人気の100円ショップをテナントに入れることで集客力が高まるという「他力本願」な経営方針をとるところも少なくない。
  • いくら結婚したいと言っても、自分から出会いを求めずに友人や知人の紹介頼ろうとするのは、あまりにも「他力本願」すぎるのではないか。
  • テレビドラマに主演するお笑いタレントAは「全ては監督やスタッフ、他の役者さんに頼り切っている。完全に『他力本願』です」とコメントした。
  • B高校野球部の監督は「うちが決勝に進出できるかは組み合わせ次第であり、『他力本願』な部分が強い」と語った。

このように否定的な意味や文脈で用いられます。

浄土教各派は一般的に用いられている「他力本願」の意味は間違いだとしている

この一般的に用いられている「他力本願」の意味に対し、浄土教各派は間違いだと主張しているのだとか。

確かに元々はありがたい言葉であるだけに、間違って解釈され、さらには否定的な意味や文脈で用いられるのは、浄土教の関係者や信徒さんならずとも、なんだか複雑な気分になりますね。

企業の広告担当者は注意すべき四字熟語「他力本願」

と、「他力本願」という言葉には、このような背景があるということをビジネスパーソン、特に企業の広告担当者は知っておきたいところ。

浄土教各派が、一般的に用いられている「他力本願」の意味は間違いだとしている以上、企業が広告の文章に使う際には、注意や配慮(他の言葉への言い換え)が必要となります。

一般的な意味で用いられる「他力本願」の同義語・類義語(言い換え例)

では、一般的に用いられている「他力本願」と同様の意味を持つ言葉にはどのような表現があるでしょうか?

意味的に似ている言葉には「自分自身で努力をしない」や「他人任(まか)せ」、「他人頼み」、「主体性がない」、「無責任」、「状況次第」、「安直」などといった言葉があります。

一般的な意味で用いられる「他力本願」の同義語・類義語
  • 「自分自身で努力をしない」
  • 「他人任(まか)せ」
  • 「他人頼み」
  • 「主体性がない」
  • 「無責任」
  • 「状況次第」
  • 「安直」

文脈に応じて、これらの言葉に言い換えるとよいでしょう。


いずれにせよ、上記の内容をふまえたうえで、特に企業の広告担当者は「他力本願」の言葉の取り扱いには、細心の注意を払いたいところです。


以上、「他力本願」の意味と使い方についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

「他力本願」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年2月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

運命を共にする間柄!「一蓮托生」の意味と使い方とは?
「本末転倒」の意味と使い方とは…よかれと思ったことが逆効果!?
受付担当者は使っちゃダメ!?ビジネス敬語「頂戴する」の意味と使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加