「『上意下達』と信賞必罰が、うちの会社の企業文化だと言ってもよいだろう」「最近の若い人の中には、『上意下達』の企業文化になじめない人も多い」......。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでもよく用いられる「上意下達」という言葉。

いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?

「上位下達」の誤用に注意!「上意下達」の意味と使い方とは?
うちの企業文化は上意下達だから、ね、言うことを聞いて、ね、お願いだから、ね

「上意下達」の読み方とは?

まずは言葉の読み方の確認から。

「上意下達」の読み方は”じょういかたつ”です。

”じょういげたつ”や”じょういげだつ”などと読み間違えをしないようにしましょう。

「上意下達」の意味とは?

「上意下達」とは、行政機関や大企業などといったピラミッド型の組織における意思決定の仕組みや指示系統、情報の流れを表現する言葉です。

”上位の役職にある者の命令や指示、意見が絶対となる意志決定の仕組みや、上から下への指示系統、情報の流れ”という意味を持ちます。

簡単に言えば、”上の意見が絶対!”ということです。

【「上意下達」(読み方:”じょういかたつ”)の意味】

・”上位の役職にある者の命令や指示、意見が絶対となる意志決定の仕組みや、上から下への指示系統、情報の流れ”

ちなみに「上意」とは、”主君の意志(あるいは指示や命令)”を意味する言葉。

江戸時代には、”将軍の意志(あるいは指示や命令)”を指す言葉として用いられていたのだとか。

「上位下達」は誤用表現なので注意!

また「上【位】下達」は誤用表現となります。

「上【意】下達」が正しい表記なので、誤変換などには注意してください。



「上意下達」を用いた具体的な文例

具体的な文例も見てみましょう。

【「上意下達」を用いた具体的な文例】

・明治以降、わが国ではピラミッド型の「上意下達」の組織が中心となって、国家も社会も発展してきた 。

・軍隊や警察は、典型的な「上意下達」型の組織である。

・体育会系の組織も「上意下達」の文化を持つところが多い。

・現在でも、特に国の機関や地方公共団体では「上意下達」型の指示系統であることほとんどだ。

・「上意下達」と信賞必罰が、うちの会社の企業文化だと言ってもよいだろう。

・最近の若い人の中には、「上意下達」の企業文化になじめない人も多い。

このように用いられます。

「上意下達」の同義語・類義語・反意語

「上意下達」の同義語・類義語、そして反意語にはどのような言葉があるでしょうか?

似た言葉には「トップダウン」や「ワンマン(経営)」などといった言葉があります。

【「上意下達」の同義語・類義語】

・「トップダウン」

・「ワンマン(経営)」

また、反意語には「下意上達」や「ボトムアップ」、「現場主導」などといった言葉を挙げることができるでしょう。

【「上意下達」の反意語】

・「下意上達」

・「ボトムアップ」

・「現場主導」


いずれにせよ、「上意下達」という言葉はビジネス系の記事やビジネスシーンでもよく用いられるので、社会人の常識として意味を知っておきたい言葉のひとつになります。


以上、「上意下達」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

《「上意下達」について深く知る参考リンク》

上意下達
(Wikipedia)

トップダウン手法
(Wikipedia)

上意下達と下意上達…あなたが組織のトップならどちらを選びますか?
(Yahoo! 知恵袋)


関連記事

どちらがお好き?「トップダウン」と「ボトムアップ」の意味の違いとは?
良く言えば強力なリーダーシップ!?「ワンマン」の意味と使い方とは?
名経営者の必須条件!?「朝令暮改」の意味と使い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加