”予算”という意味だけではない

「正直な話、宣伝費にかける『バジェット』によりイベントの集客予想は異なってきます」「では、今回のプロジェクトはこの『バジェット』でフィックスということで」......。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「バジェット」というカタカナ語。

いったいどのような意味があるのでしょうか?

”低価格の”という意味もある!「バジェット」の意味と使い方とは?
budget の語源は予算書を入れる革製のカバンなんですって!

英単語 budget に由来するカタカナ語「バジェット」

私たちがビジネスシーンでよく目にするカタカナ語「バジェット」は、英語の budget を語源とする言葉です。

英単語 budget は大学受験でも頻出の英単語なので、ご存じの方も多いでしょう。大学入試では、名詞の意味である”予算”という意味がよく問われますね。

政府の”予算”から家計の”予算”まで、あらかじめ計画を立てておく費用全般に対して、英単語 budget は用いられます。

ちなみに、この英単語 budget は、予算について書かれた書類を入れる革製のカバンが語源なのだとか。



英単語 budget には”低価格の”という意味もある

また英単語 budget には、形容詞で”低価格の”という意味があります。

英単語 budget の意味
  • ”予算”(名詞)
  • ”低価格の”(形容詞)

つまり英単語 budget には、(主に)名詞だと”予算”、形容詞だと”低価格の”という二つの意味があるのです。

カタカナ語「バジェット」の意味とは?

そして、ビジネス系の記事やビジネスシーンで使われている「バジェット」というカタカナ語。

カタカナ語「バジェット」は英単語の持つ意味そのままに、名詞で”予算”、形容詞で”低価格の”という意味で用いられています。

カタカナ語「バジェット」の意味
  • ”予算”
  • ”低価格の”

ほとんどが”予算”の意味で使われている「バジェット」

みなさんも、意識高い系のビジネスパーソンが、念仏のように「バジェットが~バジェットが~」と唱えているのを見たことがあるかもしれませんが、この場合は”予算”の意味で用いられています。

そう、ビジネスシーンにおいて「バジェット」という言葉は、ほとんどが”予算”の意味で使われているのです。

ただし、自動車業界で「バジェットカー」と言えば”低価格車”、音楽業界で「バジェット盤」と言えば”廉価盤”など、”低価格の”を意味する言葉としてももちろん使用されています。

以下に「バジェット」を用いた言葉の一例を紹介しましょう。

「バジェット」を用いた言葉の一例
  • 「バジェットキャップ」
     ⇒〈プロスポーツ〉予算制限、プロスポーツなどで各チームの勢力均衡を図るため支出総額の上限を規定するルール
  • 「ビッグバジェット」
     ⇒〈映画業界〉大規模な予算
  • 「ローバジェット」
     ⇒〈映画業界〉小規模な予算
  • 「バジェットカー」
     ⇒〈自動車業界〉低価格車、サブコンパクトカーに近いカテゴリー
  • 「バジェット盤」
     ⇒〈音楽業界〉廉価盤

「バジェット」に(形容詞だと)”低価格の”という意味があるという点は、意外と知らないビジネスパーソンも多いので、飲み会の席などで雑学として披露すると、もしかしたらドヤ顔できるかもしれません。

ビジネスシーンにおける「バジェット」の使い方(文例)

特にビジネスシーンにおいて「バジェット」はどのように用いられるのでしょうか。

具体的な文例も見てみましょう。

「バジェット」を用いた具体的な文例
  • 「ちょっと言いにくいのですが、そこまでやるには『バジェット』が不足していますね」
  • 「正直な話、宣伝費にかける『バジェット』によりイベントの集客予想は異なってきます」
  • 「では、今回のプロジェクトはこの『バジェット』でフィックスということで」

上記の例はいずれも”予算”という意味で用いられています。

また、「バジェット」というカタカナ語は、世間一般ではあまり使用されていない言葉であるため、業界内や社内において共通言語(業界用語・社内用語)として用いるには問題ないが、業界外や社外の人物との会話においては「予算」という言葉に言い換えたほうがよいという意見も一部ではあります。

「バジェット」の同義語・類義語

”予算”の意味で用いられている「バジェット」に似た言葉には、意味である「予算」、それから「費用」や「経費」などといった言葉が挙げられます。

「バジェット」の同義語・類義語 ①
  • 「予算」
  • 「費用」
  • 「経費」

先ほども述べましたが、シチュエーションによっては「バジェット」ではなく、「予算」(あるいは「費用」や「経費」)と言い換えたほうがよいケースも少なからずあります。

一方、”低価格の”で用いられている「バジェット」に似た言葉には、「エコノミー」「入門用」「ローエンド」などといった言葉が挙げられるでしょう。

「バジェット」の同義語・類義語 ②
  • 「エコノミー」
  • 「入門用」
  • 「ローエンド」


いずれにせよ「バジェット」という言葉は、ビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も少なくない言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。


以上、「バジェット」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「バジェット」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年1月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

会社の資源はヒト・モノ・カネ!「リソース」の意味とは?
日本語の「一里塚」も同じ意味!?「マイルストーン」の意味とは?
「廉価版」ってどんなもの?「廉価」の意味とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: