出してうれしい、もらってうれしい年賀状。

ところで年賀状に、私たちが何の疑問もなく書く「賀正」「謹賀新年」、そして「賀春」という言葉。

これらの言葉が、いったいどのような意味を持つのか、みなさんご存じでしょうか?

「賀する」がポイント!「賀正」「謹賀新年」「賀春」の意味とは?
謹賀新年!

「賀正」と「謹賀新年」、「賀春」に共通する「賀」の字

「賀正」と「謹賀新年」、「賀春」。

これらの言葉の意味を考える前に、まずは、三つの言葉に共通する「賀」の字について考えてみましょう。

そう、「賀正」と「謹賀新年」、そして「賀春」の意味を理解するためには、「賀」の字の意味を知るのが手っ取り早いのです。

「賀する」の読み方と意味とは?

「賀」という字に送りがなをふると、「賀(が)する」という言葉になります。

普段あまり使わない言葉ですが、この「賀する」とは、”祝(いわ)う”と同じ意味を持つ言葉です。

【「賀する」(読み方:”(が)する”)の意味】

・”祝(いわ)う”

ちなみに、名字や地名に「賀」がついている場合には、”祝(いわ)う”の意味が含まれていることが多いとされます。



「賀正」と「謹賀新年」、「賀春」の意味とは?

つまり「賀正」とは、”お正月を祝うこと”、「謹賀新年」とは、”謹んで新年をお祝いすること”となるわけです。

【「賀正」(読み方:”がしょう”)の意味】

・”お正月を祝うこと”

【「謹賀新年」(読み方:”きんがしんねん”)の意味】

・”謹(つつし)んで新年をお祝いすること”

また「賀春」という言葉は、「賀正」と同じく”お正月を祝うこと”という意味になります。

【「賀春」(読み方:”がしゅん”)の意味】

・”お正月を祝うこと”

これら「賀正」と「謹賀新年」、「賀春」という言葉は、いずれも新しい年をお祝いする言葉であり、「あけましておめでとう」と同じ意味の言葉となるわけです。


いずれにせよ、ビジネスパーソンの雑学として「賀する」という言葉の意味を知っておいて損はないかもしれません。


以上、「賀正」と「謹賀新年」、そして「賀春」の意味についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

《「賀正」と「謹賀新年」、「賀春」について深く知る参考リンク》

賀正
(Wiktionary)

謹賀新年
(Wiktionary)

あけましておめでとう
(Wiktionary)

「謹賀新年」、「恭賀新年」はどういう意味の違いがありますか?
(Yahoo! 知恵袋)


関連記事

「鬼籍に入る」とはどういうこと?「鬼籍」の意味と使い方とは?
起業や開店に最適な日!「一粒万倍日」の読み方と意味とは?
閑古鳥はカッコウのことだった!「閑古鳥が鳴く」の意味と使い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
キーワード: 雑学