「労働時間が長く賃金の低いケアワーカーは『やりがい搾取』されている典型例ではないか」「有名遊園地のキャストは『やりがい搾取』されているよなぁ」......。

ビジネスシーンでも最近ちらほらと聞くようになった「やりがい搾取」という言葉。

いったいどのような意味があるのでしょうか?

経営者が仕掛けた巧妙な罠!?「やりがい搾取」の意味とは?
自分のためになるから給料安くて労働時間が長くてもむっちゃ楽しいですっっっ!

まずは「搾取」の意味の再確認

まず先に「搾取」の意味から再確認しましょう。

「搾取」の読み方は”さくしゅ”。

「俺たちどれだけ『搾取』されてるんだよ~」と、給料の安い会社で働くビジネスパーソンが愚痴を言っているのを聞いたことがある人も多いでしょう。

「搾取」とは、文字通り”搾(しぼ)り取る”という意味がありますが、現在では特に”資本家や経営者が労働者を安価な賃金で雇うこと”や、”大企業が下請け企業に安価で製品や部品の納入を求めること”などといった意味で使われる言葉です。

【「搾取」(読み方:”さくしゅ”)の意味】

・”搾(しぼ)り取る”

・”資本家や経営者が労働者を安価な賃金で雇うこと”

・”大企業が下請け企業に安価で製品や部品の納入を求めること”

「搾取」の同義語・類義語

ちなみに「搾取」に似た言葉としては「ピンハネ」や「ブラック労働」、「サービス残業」、「タダ働き」などといった言葉があげられます。

【「搾取」の同義語・類義語】

・「ピンハネ」

・「ブラック労働」

・「サービス残業」

・「タダ働き」

というわけで、「搾取」という言葉には常にネガティブなイメージが伴います。

「やりがい搾取」という言葉を最初に提唱したのは?

そして本題である「やりがい搾取」という言葉の意味。

この「やりがい搾取」という言葉は、教育社会学が専門の東京大学教授・本田由紀氏が2007年ごろから提唱しはじめた言葉だとされています。

本田氏は著作の中で、ゲーム性・カルト性・奉仕性などといった、経営者が労働の中に仕掛けた巧妙なからくりにより、現代の若者たちが自己実現感や充実感を得ているように見えるものの、実際には安価な賃金で長時間労働へと追いやられているのではないかと指摘。これを「やりがい(の)搾取」であるとしています。


テレビドラマのセリフにもなった「やりがい搾取」

また、2016年に話題となったTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年12月13日放送分)では、新垣結衣さん演じる主人公の森山みくりが次のようなセリフを述べ話題となりました。

「いいですか皆さん。人の善意につけ込んで労働力をタダで使おうとする。それは『搾取』です。例えば友達だから、勉強になるから、これもあなたのためだから、などと言って正当な賃金を払わない。このような『やりがい搾取』を見過ごしてはなりません」

このセリフも「やりがい搾取」という言葉を理解する助けとなるかもしれません。



「やりがい搾取」の意味とは?

つまり「やりがい搾取」とは、”経営者が若者に対して、やりがいをエサに(あるいはやりがいを罠に)、安価な賃金で長時間労働をするよう仕向けること”だと考えることができます。

【「やりがい搾取」(読み方:”(やりがい)さくしゅ”)の意味】

・”経営者が若者に対して、やりがいをエサに(あるいはやりがいを罠に)、安価な賃金で長時間労働をするよう仕向けること”

ポイントは「若者」、「安価な賃金」、「長時間労働」。さらに若者は「自己実現感や充実感を得ている(ように見える)」「経営者が恣意的に行っている」という点になるでしょう。

また、本田氏は「やりがい搾取」が行われている職種の特徴として、以下の点を指摘しています。

・趣味性(若者自身が好きなことを仕事にできる)

・ゲーム性(労働における自己裁量権が大きい)

・奉仕性(人の役に立ちたいという気持ち)

・サークル性・カルト性

そういえば、いわゆるブラックバイトの求人広告や、(大学生を安価な労働力として使おうとする)IT系スタートアップ企業の長期インターンシップ募集広告などには、これらの点を意識した文言が並べられている印象を受けますね。

「やりがい搾取」が行われている職種の具体的な例

本田氏は、「やりがい搾取」が行われている職種の具体的な例としてコンビニエンスストアの店長職や歩合制のバイク便ライダー、ケアワーカー、居酒屋チェーンの従業員などをあげています。

本田氏が示した例以外にも、ネット上では有名遊園地のキャストや塾講師、SEなどにおいても「やりがい搾取」が行われているのではないかと指摘されています。

【「やりがい搾取」の職種の例】

・コンビニエンスストアの店長職

・歩合制のバイク便ライダー

・ケアワーカー

・居酒屋チェーンの従業員

・有名遊園地のキャスト

・塾講師

・SE

これらの職種においては、若者は「自己実現感や充実感を得ている(ように見える)」ものの、実は「安価な賃金」で「長時間労働」を強いられているケースが少なくないのです。


いずれにせよ「やりがい搾取」という言葉は、若者のみなさんが、やりがいをエサに(あるいはやりがいを罠に)、安価な賃金で長時間労働をするよう経営者に仕向けられていないか、自分自身の仕事を振り返ってみるきっかけとなる言葉なのかもしれませんね。


以上、「やりがい搾取」の意味についての説明でした。参考になれば幸いです。

《「やりがい搾取」について深く知る参考リンク》

本田由紀
(Wikipedia)

逃げるは恥だが役に立つ
(Wikipedia)


関連記事

新しい消費者層の概念…「マイルドヤンキー」の意味とは?
自由に決めてOK!?「裁量」の意味と使い方とは?
沈黙が支配する!「お通夜状態」の意味と使い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加