「このような事件が起き『慚愧に堪えない』。対策を講じ、二度とこのような事件が起きないようにしたい」「このような報道がなされたことは私の不徳の致すところであり、また『慚愧に堪えない』ことでもあります」......。

このようにニュース記事における謝罪コメントなどでもよく用いられる「慚愧(慚愧に堪えない)」という表現。

なんだか難しい言い回しですが、いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?

「慚愧に堪えない」とはどういう意味?「慚愧」の意味と使い方とは?
ざ…慚愧に…た…堪え…うぁぁぁぁぁん…

「慚愧」の読み方と意味とは?

まずは「慚愧」という言葉の読み方と意味の確認からしましょう。

「慚愧」の読み方は”ざんき”(”ざんぎ”とも読みますが、一般的には”ざんき”と読みます)。

「慚」と「愧」の字は、元々は仏教用語であり、それぞれの字義には”自ら罪を反省し恥じる心”、”他人に対し罪を恥じる心”という意味を持ちます。

いずれも自分の行動や罪を恥じることなのですが、「慚」は自分自身に対して、「愧」は他者に対して恥じることなのだとか。

【「慚」(読み方:”ざん”)と「愧」(読み方:”き”)の字義】

「慚」=”自ら罪を反省し恥じる心”

「愧」=”他人に対し罪を恥じる心”

つまり「慚愧」とは、”自分自身と他人に対して、自分の行動や罪を恥じる気持ち”を意味する言葉だというわけです。

【「慚愧」(読み方:”ざんき”)の意味】

・”自分自身と他人に対して、自分の行動や罪を恥じる気持ち”

一般的には「慚愧に堪えない」の表現で用いられる

一般的に、この「慚愧」という言葉は「慚愧に堪(た)えない」の表現で用いられ、特に謝罪会見や謝罪のコメントなどで用いられます。

ちなみに「堪える」には、”ネガティブな感情を我慢する”という意味があります。

ですから「慚愧に堪えない」とは、”自分自身と他人に対して、自分の行動や罪を恥じる気持ちを我慢することができない”、すなわち、”恥ずかしい気持ちでいっぱいだ”という意味だと考えるとよいでしょう。

【「慚愧に堪えない」(読み方:”ざんき(に)た(えない)”)の意味】

・”自分自身と他人に対して、自分の行動や罪を恥じる気持ちを我慢することができない”

・”恥ずかしい気持ちでいっぱいだ”

いずれにせよ、謝罪会見や謝罪のコメントで「慚愧に堪えない」と表現することは、簡単に言えば”自分自身反省もしているし、みなさんにも申し訳ないと思っているよ”という気持ちを表現することができる、便利な言葉であることは確かなようです。



「慚愧に堪えない」を用いた具体的な文例

実際の使い方も見てみましょう。

【「慚愧に堪えない」を用いた具体的な文例】

・病院長は「このような事件が起き『慚愧に堪えない』。対策を講じ、二度とこのような事件が起きないようにしたい」と謝罪した。

・社長は「社員による不祥事が起きたことは、社の経営の一翼を担う責務を負っている者として『慚愧に堪えない』。関係各位に深く謝罪する」と述べた。

・市長は「職員が事故を起こしたことは誠に遺憾であり『慚愧に堪えない』」とするコメントを発表した。

・知事は「このような報道がなされたことは私の不徳の致すところであり、また『慚愧に堪えない』ことでもあります」と謝罪した。

このように用いられます。

「慚愧に堪えない」の同義語・類義語

「慚愧に堪えない」に似た言葉には、「(罪を)恥じる」や「(罪を)反省する」、「悔悟(読み方:かいご)する」、「残念に思う」、「申し訳ないと思う」などといった言葉があります。

【「慚愧に堪えない」の同義語・類義語】

・「(罪を)恥じる」

・「(罪を)反省する」

・「悔悟(読み方:かいご)する」

・「残念に思う」

・「申し訳ないと思う」


とにもかくにも「慚愧(慚愧に堪えない)」という言葉は、ニュース記事の謝罪コメントなどで用いられることが少なくない言葉。

社会人の一般常識として意味を知っておきたいところですが、この言葉を使うようなシチュエーションには遭遇したくはないものですね。


以上、「慚愧(慚愧に堪えない)」の意味と使い方についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

《「慚愧(慚愧に堪えない)」について深く知る参考リンク》


(Wikipedia)


(Wikipedia)


関連記事

「鬼籍に入る」とはどういうこと?「鬼籍」の意味と使い方とは?
人の振り見て我が振り直せ!「他山の石」の意味と使い方とは?
「晴天の霹靂」の誤用に注意!「青天の霹靂」の意味と使い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
キーワード: 社会人の一般常識 慣用句