「今回の会議の内容は完全に『オフレコ』ということでお願いします」「会合の議事録には参加者の『オフレコ』発言が含まれているので、決して公開しないように」......。

このように、様々なシチュエーションで見聞きする「オフレコ」という言葉。

いったいどのような意味があるのでしょうか?

元々は報道用語!「オフレコ」の意味とは?
あの話はオフレコだって言ったじゃん!!言ったじゃん!!

カタカナ語「オフレコ」の由来と意味

私たちが様々なシチュエーションで見聞きするカタカナ語「オフレコ」は、英語の off the record (オフ・ザ・レコード)を語源とする言葉。

そう、【オフ】・ザ・【レコ】ードを省略して「オフレコ」となるのです。

”記録”という意味の英単語 record に否定語に近い意味を持つ off がついた off the record は、”(話の内容を)記録しない”や”(話の内容を)公(おおやけ)にしない”といった意味があります。

簡単に言えば、”ここだけの話”ということ。

カタカナ語「オフレコ」も、英語同様の意味となります。

カタカナ語「オフレコ」の意味
  • ”(話の内容を)記録しない”
  • ”(話の内容を)公(おおやけ)にしない”
  • ”ここだけの話”



元々は報道機関の用語として使われていた「オフレコ」

この「オフレコ」という言葉は、本来は報道機関の(特に政治に関する)用語として使われていたものなのだとか。

例えば、政治家が定例の会見や記者と懇談を行う際に「この話は『オフレコ』で」と言えば、その発言内容を新聞記事やテレビのニュースで”公にしない”でほしいという意味であり、報道各社の記者は報道しないよう気をつけます。

「オフレコ」とされた発言内容を報道しないと約束することで、報道各社の記者は政治家から建前ではない本音を聞き出すことができるわけです。

現在では様々なシチュエーションで見聞きする「オフレコ」

この「オフレコ」という言葉、現在では政治に関する報道のみならず、芸能・スポーツ関係やビジネス関係の報道、ビジネスシーン、果ては私たちの会話の中など、様々なシチュエーションで見聞きします。

ビジネスシーンでは、会議や商談といった場で「この話は『オフレコ』で」と言われることもあるでしょう。

その際には、あなた自身の信用のためにも会議や会合の内容を”公にしない”、すなわち”決して口外しない”ように注意したいものです。

「オフレコ」の使い方(文例)

具体的な文例についても見てみましょう。

「オフレコ」を用いた具体的な文例
  • 今回の会議の内容は完全に「オフレコ」ということでお願いします。
  • 会合の議事録には参加者の「オフレコ」発言が含まれているので、決して公開しないように。
  • 社長へのインタビューの最中、広報担当者が「この部分は『オフレコ』でお願いします」とさえぎった。
  • 今回のインタビューは「オフレコ」なしで行われた。

このように用いられます。

「オフレコ」の同義語・類義語

「オフレコ」に似た言葉には、「内緒」や「秘密」、「内密」、「他言無用」、「ここだけの話」、「口外しない」、「箝口令(緘口令)」などといった言葉があります。

「オフレコ」の同義語・類義語
  • 「内緒」
  • 「秘密」
  • 「内密」
  • 「他言無用」
  • 「ここだけの話」
  • 「口外しない」
  • 「箝口令(緘口令)」


以上、「オフレコ」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

※本記事は2016年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

内緒にしておいてね!「他言無用」の意味と使い方とは?
口外しちゃダメ!箝口令(緘口令)の読み方と意味とは?
ゴシップ系のネット記事でよく見る「リーク」の意味とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加