先方に質問をしたいのだけれど、「先日の見積書の内容について『教えてください』」とメールしたらマズいかな......。

このようにビジネスシーン、特に電話やビジネスメールで相手に何か教えを請いたい場合には、いったいどのような表現を使えばよいのでしょうか?

教えを請う!「教えてください」を敬語で表現したい際にはどうすればいい?
教えてくださいの敬語とは?

親しい間柄なら「教えてください」でも構わない

取引期間が長い、担当者と旧知の仲であるなど親しい間柄なら、単刀直入に「~の件について教えてください(教えていただきたいのですが)」や「~の件について質問があります」と尋ねた方が、要件がスムースに伝わります。

・~の件について教えてください(教えていただきたいのですが)

・~の件について質問があります

ただし、様々な事情で敬意を表現したいケースもあるでしょう。

そのような際には、「伺(うかが)う」という敬語表現を覚えておくと便利です。

教えを請う際の万能な表現は「伺(うかが)う」

「伺(うかが)う」は"「聞く」や「尋ねる」の謙譲語"で、かなり万能な敬語表現です。

【「伺う」(読み方:"うかが(う)")の意味】

・"「聞く」「尋ねる」の謙譲語"

例えばファミレスなど飲食店では、店員がオーダーをとる際に「ご注文をお伺いします」と言っていますね。

【「伺う」の使い方の例】

・~の件について「伺いたい」のですが

この「伺う」が、電話やビジネスメールで相手に何か教えを請いたい場合に大活躍します。

ビジネスパーソンとして使いこなしたい「ご教示」と「ご教授」

また、ビジネスパーソンとしては「ご教示」と「ご教授」という表現も覚えておきたいところ。

"疑問点や質問の答えを教えてもらう"場合には「ご教示」、"(特に学問的な)知識を教えてもらう"場合には「ご教授」を用います。

【「ご教示」(読み方:"(ご)きょうじ")と「ご教授」(読み方:"(ご)きょうじゅ")の意味】

・「ご教示」 = "疑問点や質問の答えを教えてもらうこと"

・「ご教授」 = "(特に学問的な)知識を教えてもらうこと"

ビジネスシーンでは、「ご教示」を用いるケースが多くなります。

【「ご教示」の使い方の例】

・~の件について「ご教示」(して)いただきたいのですが

・~の件について「ご教示」(を)願いたいのですが

「ご教示」を用いることで、「伺う」よりもかしこまった印象を相手に与えます。


いずれにせよ、ビジネスシーン、特に電話やビジネスメールで相手に教えを請いたい場合には、「伺う」と「ご教示」(あるいは「ご教授」)を活用するとよいでしょう。



「忌憚(きたん)のないご意見」という表現もある

さらに相手から率直な意見を聞きたい場合には、「忌憚(きたん)のないご意見」という表現も使えます。

【「忌憚のないご意見」の使い方の例】

・「忌憚のないご意見」をお聞かせください。

・「忌憚のないご意見」を伺いたいと思います。

・「忌憚のないご意見」をご教示いただければと思います。

このように用います。

・参考:「忌憚のない意見」って?「忌憚」の意味と使い方とは?

クレーマー対応に使える「貴重なご意見」の表現

余談ですが、特にサービス業・接客業でクレーマーに対応しなければならないケースもあるでしょう。

そのようなケースでは、教えを受けた後に「『貴重なご意見』ありがとうございます」という感謝の表現を述べると、意外と効果があります。

彼(彼女)らは、ひとしきり話をすることで満足することがほとんどなのですが、話を最後まで聞いた後に「『貴重なご意見』ありがとうございます」といった感謝の言葉を一言加えることで、さらに満足することも少なくありません。

【「貴重なご意見」の使い方の例】

・「貴重なご意見」ありがとうございます。

・「貴重なご意見」をいただきありがとうございます。

・「貴重なご意見」を頂戴し感謝しております。

このように用います。


これらの言葉を、TPOに合わせて使い分けるとよいでしょう。


以上、「教えてください」の敬語表現についての説明でした。参考になれば幸いです。

《「教えてください」の敬語表現について深く知る参考リンク》

先輩が「あのお客さんのご注文をお聞きしてきて」と後輩に言ったとしたら間違いですか?
(Yahoo! 知恵袋)


関連記事

「思う」「考える」の敬語表現!「拝察」の意味と使い方とは?
受付担当者は使っちゃダメ!?ビジネス敬語「頂戴する」の意味と使い方
ビジネスメールでは「了解しました」ではなく「承知いたしました」を使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加