できれば起こしたくない仕事上でのミスや不祥事。

しかしビジネスパーソンたるもの、仕事上でミスや不祥事を起こした際には早急に相手側への「謝罪」や「お詫び」をしなければなりません。

そこで、ここではビジネスシーン(ビジネスメール・手紙文・プレスリリース・コメントなど)で使える「謝罪」や「お詫び」の表現文例を紹介します

【まとめ】ビジネスシーンで使える「謝罪」「お詫び」表現文例集
深くお詫び申し上げます……

「謝罪」や「お詫び」の基本フレーズ

まずは覚えておいて損はない「謝罪」や「お詫び」の基本フレーズから。

【「謝罪」や「お詫び」の基本フレーズ】

■申し訳ございません

(例)本当に申し訳ございません。

■お詫び申し上げます

(例)心からお詫び申し上げます。

■ご迷惑をおかけする

(例)大変なご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

■ご心配をおかけする

(例)このような事態を引き起こし、お客様に多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを深く反省し、お詫び申し上げます。

■ご不快の念

(例)多くの皆様にご不快の念を抱かせてしまったことを、お詫び申し上げます。

■不愉快な思いをさせる

(例)皆様にはご迷惑ご心配をおかけし、大変不愉快な思いをさせたことを心からお詫び申し上げます。

■遺憾である

(例)かかる行為は大変遺憾であり、関係者の皆様に多大なるご不快の念をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

■不徳のいたすところ

(例)私の不徳のいたすところで、深く反省し二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ございません。

これらの基本フレーズが「謝罪」や「お詫び」のシチュエーションではよく用いられます。



「謝罪」や「お詫び」の具体例

続いて具体的な「謝罪」や「お詫び」の例を3つ見てみましょう。

まずは政治家のコメントから。

① 不祥事が発覚した政治家のケース

この度は、私の政治資金について様々なご指摘を受け、国民の皆様をはじめ、たくさんの方々に御心配とご迷惑をおかけしましたことを心から深くお詫び申し上げたいと思います。

私の不徳のいたすところで、深く反省し二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ございません。

次は企業の場合。

② 店員の接客態度が悪いとインターネット上で炎上した企業のケース

この度は弊社店舗での接客に関する内容で、インターネット各所にてお騒がせいたしましたことをお詫び申し上げます。

事実関係を確認しましたところ、以下の点について確認が取れましたのでご報告いたします。

〇〇の件ですが、こちらはそのような事実がありました。

(中略)

今後はこのようなことのないよう、適切に対応させていただく所存です。

また、従業員による〇〇に関してはそのような事実は確認できませんでしたが、より多くのお客様に満足していただけるよう社員教育を一層徹底してまいります。

最後に企業のプレスリリース。

③ 有名人の来店情報を社員が Twitter (ツイッター)に書き込んだ企業のケース


お詫びとご報告
お客様各位

本日、弊社社員が、〇〇スポーツ 東京本店へご来店された弊社契約選手の情報をTwitter(ツイッター)に書き込み、流出させていたことが判明いたしました。

この件で、同選手、同選手のご家族をはじめ関係者の皆様及びお客様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

スポーツブランドとしてあるまじき事であり、この事態を厳粛に受け止め、このようなことが繰り返されないよう、社を挙げて再発防止を徹底してまいります。

当該社員からは経緯を聴取し事実関係を調査中です。処分については、調査結果に基づき、会社規定に従い厳正なる処分を検討いたします。

また、ご迷惑をお掛けした選手、チームに対しては、既にご報告の上、お詫び申し上げております。

選手のファンの皆様にも、ご迷惑をお掛けすることとなりましたことを、深くお詫び申し上げます。

弊社では全社員に対し入社時に、スポーツブランドとしての行動規範をはじめ、お客様情報の守秘義務等に関する研修を行っております。

しかしながら今回、このようなことになり、改めて社を挙げて再発防止に努めて参る所存でございます。

全社員のコンプライアンス意識の向上を図り、スポーツ選手をはじめスポーツ界、そして社会からの信頼回復に向けて邁進していく所存でございます。

平成××年×月××日
〇〇スポーツ 株式会社

このようになります。


いずれにせよ、冒頭でも述べたように仕事上でミスや不祥事を起こした際には早急に相手側への「謝罪」や「お詫び」をしなければならないもの。

相手側に対し誠意を持って「謝罪」や「お詫び」をすることで、ぜひピンチをチャンスに変えてください。


以上、ビジネスシーンで使える「謝罪」「お詫び」表現文例についてでした。参考になれば幸いです。


関連記事

【テンプレート】「顧客情報流出」のお詫びとお知らせ文例
【テンプレート】「休業のご案内」のお知らせ文例
【〇〇の候】ビジネスで使える!月別定番「時候の挨拶(季節の挨拶)」一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加