意外と知らないビジネス用語の正しい意味と使い方



 新着記事

「蜜月関係」ってどういうこと?「蜜月」の意味と使い方とは?

「社員交流や資本提携を行うなど、一件良好に見えたA社とB社の『蜜月』期は、そう長くは続かなかった」「日米両首脳が会談後にそろって記者会見に応じ、両国の『蜜月』ぶりをアピールした」......。 このようにビジネス系の記事やニュース記事など、様々なシチュエーシ




鳩山元総理も使った!「腹案」の意味と使い方とは?

「腹」=”心の中”のこと 「先代の社長は、自身に万が一があった際には世襲をせず、創業時から経理を取り仕切っていた専務に全てを任せようという『腹案』を持っていたそうです」......。 このように用いられる「腹案」という言葉。 過去には、鳩山由紀夫元総理が




一度地獄を見た者は強い!「捲土重来」の意味と使い方とは?

「王者の前に敗れた若き挑戦者には、今後の『捲土重来』を期待したい」「一昨年B社に市場シェアを奪われたC社は、今春、シェア奪回を目指して新製品を発売するが、果たして『捲土重来』となるか注目したい」......。 このように使われる「捲土重来」という四字熟語。



「固定費」と「変動費」の意味の違いと使い方とは?

事業を行う際の支出、すなわち費用を分類したもの 「A社は『固定費』の削減により赤字の解消を目指しているが、黒字浮上はまだ先のようだ」「売上が増加すると『変動費』も増えていくのが一般的だ」......。 このようにビジネスパーソンにとって見聞きする機会も多い



↑このページのトップヘ