意外と知らないビジネス用語の正しい意味と使い方



 新着記事

合意形成はとっても大事!「コンセンサス」の意味と使い方とは?

「社内で事前に『コンセンサス』作りをしておくことが重要だ」「X社の決算は、市場『コンセンサス』並みの水準で着地した」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「コンセンサス」という言葉。 なんだか少し難しい言葉のようですが



無礼者にはならないように!「無礼講」の意味とは?

「今日は『無礼講』でみなさん楽しんでください」「『無礼講』でパーッとやりましょう!」 このようにビジネスパーソンの宴席で使われることが多い「無礼講」という言葉。 若手のビジネスパーソンのごく一部には、「何をしてもよい」とはき違えるケースもあるそうですが..


「蜜月関係」ってどういうこと?「蜜月」の意味と使い方とは?

「社員交流や資本提携を行うなど、一件良好に見えたA社とB社の『蜜月』期は、そう長くは続かなかった」「日米両首脳が会談後にそろって記者会見に応じ、両国の『蜜月』ぶりをアピールした」......。 このようにビジネス系の記事やニュース記事など、様々なシチュエーション




鳩山元総理も使った!「腹案」の意味と使い方とは?

「先代の社長は、自身に万が一があった際には世襲をせず、創業時から経理を取り仕切っていた専務に全てを任せようという『腹案』を持っていたそうです」......。 このように用いられる「腹案」という言葉。 過去には、鳩山由紀夫元総理が普天間基地移設問題で使用したこと




一度地獄を見た者は強い!「捲土重来」の意味と使い方とは?

「王者の前に敗れた若き挑戦者には、今後の『捲土重来』を期待したい」「一昨年B社に市場シェアを奪われたC社は、今春、シェア奪回を目指して新製品を発売するが、果たして『捲土重来』となるか注目したい」......。 このように使われる「捲土重来」という四字熟語。 いっ




↑このページのトップヘ